上質なサービスの演出に|需要のある介護ビジネス|デイサービスの開業について知ろう

需要のある介護ビジネス|デイサービスの開業について知ろう

上質なサービスの演出に

アメニティ

重要性の再認識を

アメニティグッズは客室の備品として欠かせないアイテムですが、手つかずのときもあります。だからといって不要論を持ち出すのではなく、そのほかに必要なアメニティグッズについて検討するべきでしょう。細やかな配慮は施設全体の印象を良好にし、次回以降の宿泊利用にもつなげられます。また、前回手つかずだったアメニティグッズは、次回の宿泊時に使用される可能性があるはずです。さりげなく置かれるアメニティグッズですが、利用客が求めるときに在庫が無い状況は、印象を落としてしまうと理解しましょう。例えば発注忘れで繁忙期に用意できない場合、たくさんのクレーム発生も考えられます。お盆や年末年始のように発注先が休みに入ることもありますので、在庫は十分に用意するべきでしょう。

オリジナル品も視野に

客室の各スペースに置くアメニティグッズは、シンプルなタイプとブランドまたはオリジナルのタイプがあります。ブランド品の一例としては有名メーカーの浴室アメニティグッズがあげられ、オリジナル品はデザインが異なる特別仕様です。ブランドはアメニティグッズ専門店が商品のひとつとして用意しているため、特別な契約は必要ありません。オリジナル品はアメニティグッズ専門の企画販売会社と契約するため、自由なグッズが作成できます。近年においてはアメニティグッズの質が比較材料に利用されますので、販売促進と位置付けて開発してみるのも良策でしょう。また、アメニティグッズは客室の備品だけではなく、カラオケボックス・ネットカフェ・病院といったさまざまな施設で利用されています。